加藤研究室 Kato Laboratory 九州大学大学院システム情報科学研究院 情報エレクトロニクス部門

研究内容Research              real estate


   研究内容概念図

超高速波長可変半導体レーザシステムの研究

異なる波長の光を一本の光ファイバで送る波長多重伝送には波長可変半導体レーザが必要です。そこで半導体レーザと高速電子回路を融合した波長可変 半導体レーザシステムを構築し、わずか数十ナノ秒で波長切替できるレーザ光源を研究しています。

超高速フォトニクススイッチングシステムの研究

光信号を光のまま経路を切り替える光パケットスイッチは将来の大容量極低消費電力ネットワーク実現のためのキー技術です。本研究室では光技術とエ レクトロニクス技術を巧みに組み合わせて高速光スイッチを構成することで、従来のエレクトロニクス技術だけでは実現不可能な極低消費電力化を目指 しています。

テラヘルツ波発生システムの研究

無線の通信容量はその搬送波周波数に比例することから、100GHz(=0.1THz)を超える周波数での無線通信に注目が集まっています。本研究室では単―走行キャリヤフォトダイオードを用いてテラヘルツ波を発生するシステムの研究に取り組んでいます。